ポイントなどを利用して快適ホームライフを実現

メリットを活かす

やっとの思いで買ったマイホームも、住宅ローンの支払いが厳しくなり、滞納を重ねてしまうと家を失うことになってしまいます。滞納したまま、放置していると最終的には競売にかけられてしまいます。競売は、自動的に行われます。しかし、家を失うからといって競売にかけられるのを待ってはいけません。任意売却をすることによって、再度家に住める可能性や、手元に現金が残る可能性もあるのです。任意売却のメリットを知っておけば、誰もが任意売却をした方が良いと思うのは当たり前です。任意売却は自分から行動する必要があります。住宅ローンの支払いが厳しくなったら、すぐに任意売却のことを頭に入れて、行動した方が良いです。基本的に任意売却は始めるのが早いほど、有効的に物事を進めることができます。

なぜ競売ではなく、任意売却の方が良いかというと、様々な面でメリットがあるからです。まず、不動産売却する時に支払う必要がある各種費用を支払わずに済みます。不動産会社への仲介手数料、抵当権抹消費用、滞納した分の管理費、差し押さえされている滞納分の固定資産税などの費用です。また、市場価格に近い値段で売却をすることができるのも任意売却のメリットです。競売にかけられた場合、市場価格よりも安い値段で売られることがほとんどです。しかし、任意売却は物件の所有者、担保権者、買主の話し合いによって価格が決まるので、市場価格に近い値段で売却することができます。手元に資金を残すことができるのも、嬉しいメリットです。債権者と交渉することによって、引越しにかかる費用や、当分の生活費などを捻出できる可能性もあります。競売の場合は手元に資金を残すができません。このように任意売却には多くのメリットがあるのです。